投稿

イメージ
2013年2月4日月曜日
福島救出作戦の永続的な遺産:パート1 米国海軍軍人の放射能汚染


A Lasting Legacy of the Fukushima Rescue Mission: Part 1 Radioactive Contamination of American Sailors by Roger Witherspoon

原子力空母ロナルド・レーガン

ロジャー・ウィザースプーン氏の2013年1月31日の記事、”A Lasting Legacy of the Fukushima Rescue Mission: Part 1 Radioactive Contamination of American Sailors ,“「福島救出作戦の永続的な遺産:パート1 米国海軍軍人の放射能汚染」を完全和訳しました。

元の英文記事
http://spoonsenergymatters.wordpress.com/2013/01/31/a-lasting-legacy-of-the-fukushima-rescue-mission-part-1-radioactive-contamination-of-american-sailors/

                  *****

米国防省は、日本において、破壊した福島第一原発から放出された放射性雲に捕えられた7万人弱の米軍人、軍属とその家族達の、前例のない医療登録を放棄する事にした。

登録の更新を止めるという事は、日本の63カ所の基地に駐屯している海兵隊、陸軍、空軍、工兵隊と海軍の軍人達、およびその家族に起こるであろう健康問題の 推移を観る手だてがなくなる、ということである。さらに、原子力空母ロナルド・レーガン第七艦隊の何千人もの水兵達や海兵達に放射能被ばくによる問題が出 ているのかを決定する際、彼らを見捨てる事になる。

第七艦隊は、南太平洋での任務から福島へ、トモダチ作戦のために派遣された。トモダチ作戦は、日本の東北沿岸部を破壊して2万人以上の死者を出した地震と大 津波に対する、80日間の人道支援と救出作戦だった。この救出作戦は、日本政府に要請され、米国務省、原子力規制委員会、国防省とエネルギー省によって コーディネイトされた。5500人の乗組員を持つ原子力空母ロナルド・レーガン以外に、打撃群は、ミサイル駆逐艦4隻(プレブル、マクキ…