投稿

9月, 2011の投稿を表示しています

福島の6地点でプルトニウム検出 文科省「被曝量は非常に小さい」

イメージ
産経新聞 9月30日(金)20時8分配信 福島県双葉町、浪江町、飯舘村の6地点から微量のプルトニウムが検出されていたことが30日、分かった。文部科学省が同日、明らかにした。福島第1原発事故によるものとみられる。原発敷地以外で事故の影響によるプルトニウムが検出されたのは初めて。


調査は原発から80キロ圏内の100カ所を対象に、6月に土壌を採取して行った。検出された中で最も高い濃度は原発から約30キロ離れた浪江町で1平方メートルあたり4・0ベクレル、約45キロ離れた飯舘村でも0・82ベクレルが検出された。


文科省によると、過去の大気圏内核実験の影響などでプルトニウムはこれまでも検出されており、平成11年~20年度までの環境放射能水準調査で土壌濃度の平均値は0・498ベクレル。事故前の最大濃度は8・0ベクレルだという。


このため、文科省では「今回、検出されたプルトニウム濃度は過去に検出された範囲内にあり、被曝(ひばく)量は非常に小さい」としている。 地図を見る限り、福島県内のアチコチにあるようです。
各地の測定値は不明。福島市や郡山市を測定したかは不明。




福島第1原発:45キロ離れた飯舘でプルトニウム検出 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:45キロ離れた飯舘でプルトニウム検出
2011年9月30日 21時32分 更新:10月1日 0時50分

 文部科学省は30日、東京電力福島第1原発から約45キロ離れた福島県飯舘村を含む同県内6カ所の土壌から、同原発事故で放出されたとみられる毒性の強い放射性物質のプルトニウムが検出されたと発表した。事故後、同原発の敷地外でプルトニウムが検出されたのは国の調査では初めて。原発80キロ圏内の広範囲では放射性物質のストロンチウムも検出され、事故の影響が広範囲に及んでいることが改めて裏付けられた。

 ◇敷地外で初検出
 調査は6~7月、原発80キロ圏内の100カ所の土壌で実施。同村と双葉町、浪江町の計6地点から今回の事故の影響とみられるプルトニウム238が検出された。多くの地点でプルトニウム239、240も検出されたが、事故の影響か特定できないという。

 文科省によると、いずれの地点も過去の大気圏核実験によって日本に降ったとみられるプルトニウムの最大値を下回ったが、238は事故前にほとんど検出されていなかったため、今回検出された238は、同原発ででき…

原発事故への道程

見せます!いわき  放射線量の数値などを特設のホームページで逐次公表

イメージ
いわき市が生産者単位で農産物放射線量公表

出荷前の梨の放射線量を測定するため刻んだサンプルを容器に入れる検査員=JAいわき市夏井支店 原発事故による風評被害に苦しむいわき市は10月1日、対策として、地元産の農産物や農地の放射線量の数値などを特設のホームページで逐次公表する「いわき農産物見える化プロジェクト『見せます!いわき』」を開始する。
プロジェクトは、全国の消費者に、「判断材料」として詳細なデータを示し、安心していわき産の農産物を食べてもらうのが狙い。
農産物のモニタリング検査は、JAいわき市とJAいわき中部から出荷される主要な農作物を中心に、野菜、果樹類は各農家が出荷前に提出した検体を検査する。検体の提出は市と両JAとの出荷協定に基づき義務化した。
農家数の多い米は集荷所ごとに検体を調達する。暫定規制値を超える可能性が見つかった場合は、県が精密検査を行う。
(2011年9月28日 福島民友ニュース)

自然放射線を正しく知る

イメージ
私たちは自然界からも放射線を受けています。自然放射線と言います。人工放射線(核実験や原発の影響などで浴びている放射線)同様、体外から直接放射線を浴びる外部被ばくと、体内に入り込んだ放射性物質による内部被ばくがあります。
自然放射線による被ばく量の合計(外部被ばく量+内部被ばく量)は、世界平均では2.4ミリシーベルト/年(1988年国連科学委員会報告)。日本では平均1.4ミリシーベルト/年(若干異なるデータもあり)と推定されています。
例えばインドのケララ州の一部では、大地からの放射線だけで35ミリシーベルト/年という数字もありますが、今のところ、それが原因でガンが多発しているといったデータはありません。
こういった自然放射線の数字を楯に、「自然放射線以外の被ばく量を年間1ミリシーベルトとするのは厳しすぎる」などと主張する人たちがいますが、これはまったくの間違いです。そのあたりを分かりやすく解説したいと思います。

まず、どこから来る自然放射線なのかという視点から考えてみましょう。
自然放射線は、「宇宙から飛んでくる宇宙線に由来する放射線」と「地球創生期から大地の中に存在する天然放射性物質に由来する放射線」の二つに分けられます。

宇宙線とは、宇宙空間を飛び交う放射線のことで、常に地球にも降り注いでいます。大部分が高エネルギーの陽子で、一部がアルファ線(ヘリウム原子核)です。他に様々な素粒子もありますが、微量です。これらは一次宇宙線と呼ばれ、大気圏に入ると空気中の原子や分子と衝突して、二次宇宙線と言われる中性子やガンマ線を生み、一次宇宙線自体は、ほとんど地表まで到達しません。
二次宇宙線もまた、大気中で様々な原子や分子と衝突し、地表面(海抜0メートル)まで到達するのは、平均0.03マイクロシーベルト/時。年単位で見ると世界平均では0.35ミリシーベルト/年です(この年平均は海抜0メートルのデータではありません)。

宇宙線の量は、地磁気の関係で、緯度が高くなるほど多くなります(赤道で一番少なく、北極、南極で多い)。また、海抜が上がれば、通過する空気の層が薄くなるので、増えることになります。よく飛行機で海外へ行く場合の被ばく線量が取り上げられますが、これは宇宙線の影響によるものです。高度1万メートルにもなると、宇宙線の線量は、かなり増えてきます。

一次宇宙線やそれから派生する放射線と…

東電“極秘文書” !これが補償“裏マニュアル”だ!

イメージ
東京電力福島第1原発事故の被災者に対する金銭補償の受け付けが進むなか、東電が補償の項目ごとの上限単価や、収入補償の打ち切り時期を記した社外秘のガイドラインを作成していたことが、夕刊フジの取材で分かった。補償をめぐっては、被災者向けの「請求案内書」が専門用語だらけで156ページもあるため、高齢者らから「わかりにくい」との批判が出ている。だが、社内向けの“裏マニュアル”は「検討中」とされている家財道具の価格についても、家電一式の購入参考額などが記載されており、東電の“腹づもり”がよくわかる内容となっている。

本紙が入手した東電社員向けの裏マニュアルには、「秘密情報 目的外使用・開示禁止」と明記され、補償金算定に向けた基本的な考え方から補償項目、補償金額の標準単価から対象範囲までが、被災者に渡された案内書の内容に沿って記載されている。なかでも目を引くのが、補償項目ごとに定められた具体的な「上限単価」と「上限累計金額」だ。

赤い点線で目立つように囲ったうえで、《「補償金お支払いのご案内」(リーフレット)で公開していない基準》と注意書きがあり、補償作業にかかわる社員に対して厳秘を強調している。

補償金額に上限を設けることについては、枝野幸男官房長官(当時)が4月、「上限があるからこれ以上被害補償しませんということは、とても考えられないし、許されない」と述べている。その原則を無視するかのような裏マニュアルについて、東電関係者はこう明かす。

「補償はあくまでも、対象者の負担に対する実費払いが基本。算出が困難な場合には、実費相当額や遺失利益を算定することになりますが、その方法は原則としてすべて個別対応です。一部の被災者が無理難題を要求することも予想されるため、あらかじめ上限単価を定めておくということでしょう。もちろん、この数字が被災者の目に触れることは想定していません」

東電は、補償が受けられる要件を(1)避難生活による精神的損害(2)避難・帰宅費用(3)一時立入費用(4)生命・身体的損害(5)避難等に伴う就労不能損害(6)検査費用(人)(7)検査費用(物)(8)財物価値の喪失又は減少-とし、「上限単価」「上限累計金額」は別表のように定めている。

就労不能損害については、対象者を「正社員」「派遣・契約」「パート・アルバイト」などに区分けし、勤務実態を証明できる書類の有無などによ…

風で舞い上がるなどした放射性セシウムを取り込んだ場合の内部被ばく量は、大気から直接吸入するのに比べて約10倍多い

イメージ
フランスの原子力防護評価研究所のジャック・ロシャール原発村の関係者会議の方もこう仰っている なのになぜ、原発爆発時期のヨウ素被曝を重要視しないのか?



舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較-原子力機構解析 東京電力福島第1原発事故で、
一度地面に降下し風で舞い上がるなどした
放射性セシウムを取り込んだ場合の内部被ばく量は、
大気から直接吸入するのに比べて約10倍多いとの解析結果を、
日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)がまとめた。
北九州市で開催中の日本原子力学会で22日、発表される。
同機構安全研究センターの木村仁宣研究員(放射線防護学)は
「地面からの再浮遊を防ぐための除染が重要となる」
と指摘している。
東電や文部科学省などの調査データを基に、
福島県南相馬市の測定地点で、
ヨウ素131、セシウム134、137が
空気から直接体内に入った場合(3月20日~5月19日)と、
地面に降下した分が再び浮遊して取り込まれた場合(4月3日~6月4日)の
内部被ばく量を算出した。
その結果、セシウム134、137は直接吸入で0.0076~0.0099ミリシーベルトだったのに対し、再浮遊では
0.077~0.09ミリシーベルトと約10倍に上った。
一方、半減期の短いヨウ素131は直接吸入0.071ミリシーベルト、
再浮遊0.045ミリシーベルトと大きな差はなかった。
セシウム134の半減期は約2年、137は約30年で、
再浮遊の影響が長く続くとみられる。
木村研究員は「放射性物質の種類によって、被ばく経路に大きな違いがある」としている。(2011/09/20-11:05)

甲状腺を守れ!

今度は、”子ども達”だ!!!二本松産、米、どころじゃない!!!

イメージ
<二本松産米>市長「東電に怒り」 緊急会議で迅速公開表明毎日新聞 9月24日(土)11時44分配信 拡大写真福島県二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から500ベクレルの放射性セシウムが検出され急きょ開かれた対策会議=二本松市役所で2011年9月24日、小林努撮影 福島県二本松市の新米予備検査で国の暫定規制値と同じ1キロ当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、検査をした県は公表前、予想外の数値に検査方法の誤りを疑い、検査をやり直す異例の対応を取っていた。それでも数値はほぼ変わらず、「なぜこんなに高いのか」と衝撃を受けている。地元では24日午前の緊急対策会議で、三保恵一市長が「(東京電力福島第1原発の)事故が原因で憤りを感じる」と怒りをあらわにした。

【二本松産米】予備検査で規制値検出 本検査で出荷判断へ

二本松市小浜地区の「ひとめぼれ」から500ベクレルという結果が出たのは15日のことだった。「検査方法がおかしくはないか」。県農林水産部の幹部は担当者に疑問をぶつけ、再検査を指示した。だが、19日に出た再検査の結果は490ベクレル。県は23日夜になって、最初に出た500ベクレルを検査結果として公表した。

県は、土壌からコメに吸収されるセシウムの移行係数を0.1(10%)とする農林水産省の指標に基づき、3月から土壌調査を先行して実施。1000ベクレルを超える地点も多数あり、当初は高い値が各地で出るのではと強く懸念していた。

だが、8月以降の早場米と一般米の検査では、測定器の検出下限を下回る「不検出」が大半を占め、最高でも136ベクレル(福島市大波地区)で、県農林水産部は「福島の土は粘土質で、植物がセシウムを吸い上げにくいのでは」などと楽観ムードが漂っていた。

それだけに、今回の結果の衝撃は大きい。問題の検体が植えられている水田の土壌の汚染濃度は3000ベクレル程度とされ、同部の幹部たちは「移行係数から考えると高くても300ベクレル前後のはずだが」と途方に暮れている。

一方、二本松市で開かれた緊急対策会議には、県、同市と地元JAの関係者、集荷業者など約30人が出席。三保市長は東電に怒りをぶつけ、「食の安全を確保し、生産者を守る対策を取る。本検査を徹底して実施し、結果は迅速、正確に消費者に公開していく」と述べた。【種市房子、結城かほる】
二本松産米:「何かの間違いでは…