投稿

3月, 2013の投稿を表示しています

小出裕章 講演 講演会レジュメ

イメージ
講演会レジュメ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouenindex.html
「悲惨を極める原子力発電所事故」小出 裕章 2011.4.29【第11回、終焉に向かう原子力、集会】

・2010.11.2 今私たちが知っておかなければならない、核・原子力の真実、講演会「核(原子力)と人類は共存できるのか?」at札幌(2010/4/10)のレジュメ
・2010.10.29 原子力の「平和利用」は可能か?、非核の政府を求める兵庫の会(2010/10/8)のレジュメ
「終焉に向かう原子力と温暖化問題」小出 裕章 2010.1.19【日本カトリック教会・正義と平和委員会・地球環境を守る会】

「原子力発電は危険、プルサーマルはさらに危険」小出 裕章 2009.12.22【石巻市、第3回「プルサーマル市民勉強会】

「戦争と核=原子力」、小出 裕章 2009/11/29【日本基督教団・大阪教区・核問題特別委員会】

「原子力の場から視た地球温暖化問題」小出 裕章 2009.2.7【京都、環境問題研究会】

小出 裕章、山口県・上関原発・・・あまりに愚かな選択-原子力とプルサーマル問題、広島県保険医協会主催市民公開講演会(2009/2/1)のレジュメ

小出 裕章、なぜ六ヶ所再処理工場の運転を阻止したいのか、「終焉に向かう原子力」(第7回)(2008/12/13)のレジュメ
小出 裕章、ウラン残土レンガと放射能の基礎知識、ウラン残土市民会議(2008/11/22)のレジュメ

小出 裕章、巨大地震が原発を襲うとき- 廃絶すべき浜岡原発-、付録1プルサーマル問題、付録2地球温暖化問題原発震災を防ぐ風下の会(2008/10月/26)のレジュメ

小出 裕章、エネルギー問題、京都工芸繊維大学・物質開発倫理学⑧(2007 年12 月26 日)

小出 裕章、原子力事故、京都工芸繊維大学・物質開発倫理学⑦(2007 年12 月26 日)

小出 裕章、原子力利用の危険性と問題点、

原子力学会が中間報告 新たな分析なく

原子力学会が中間報告 新たな分析なく3月27日11時25分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130327/k10013479991000.html 東京電力福島第一原子力発電所の事故について、日本原子力学会が専門家としてまとめた事故調査の中間報告を公表し、「過酷事故への取り組みが十分でなかった」などと総括しました。
しかし、専門家ならではの新たな分析などはほとんどなく、事故を防げなかった原子力の専門家としての姿勢と責任が問われます。 日本原子力学会の調査委員会は、福島第一原発の事故を専門的な立場から検証しようと去年8月、大学や研究機関の40人余りで発足し、東大阪市で開かれている学会の春の大会で中間報告を公表しました。
この中で原発事故について、「過酷事故への取り組みが十分でなかった」としたうえで、「安全の備えを十分していれば、事故は起きても放射性物質の大量放出のような社会に迷惑をかける事態は回避できた」などと指摘しました。
また、学会の幹部やOBに行ったアンケート結果では、「安全性に対する慢心や自信過剰があった」とか、「原子力村の一員として電力会社に遠慮があった」といった反省の回答が多く寄せられたということです。
しかし、原因などの分析については、すでに知られた事実や、既存の文献の内容をまとめた形で政府や国会の事故調の報告を超えるような原子力の専門家ならではの科学的な調査や分析はほとんどありませんでした。
調査委員会の田中知委員長は、「今回の内容は、事故調査にどう踏み込むか前提となる議論を示したもので、今後、技術的にどこに問題があったかをしっかり確認したい」と話しています。
原子力学会では、ことし12月までに最終報告をまとめる予定で、今回の事故を防げなかった原子力の専門家としての姿勢と責任が問われます。 日本原子力学会、事故調査委中間報告を公表 地震の影響を否定
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242941.html 東京電力福島第1原発の事故をめぐって、日本の原子力の専門家で組織する「日本原子力学会」が、事故調査委員会を設置し、27日、その中間報告を公表した。
事故原因に関しては、これまで国会・政府・民間の事故調が、それぞれ報告書をまとめているが、この中で、見解が割れたのが…